ごんぎつね 教科書。 今こそ読みたい南吉原作の「ごんぎつね」 ~生誕100年を前に

⚑ This is not because the story is acceptable in the light of the teaching guidelines of the Education Ministry but because it is an excellent text with educational as well as literary values. 「ごんぎつね」 新美南吉 は、その文学的価値と教育的価値が調和的に働くことによって国民的 ポピュラー な文学教材となり得ている。

9

🚀 To make children have literary experiences by reading such a "grass-roots" text will be an effective countermeasure to the recent reactionary move to instill nationalism by means of teaching kokugo. 4年生では難しいかもしれませんが、5・6年生で思考力が培われている学級集団なら、 - 「どうして新美南吉さんはごんを死なせてしまったのだろう」 「どうして新美南吉さんはこんなに悲しい話を作ったのだろう」 という疑問について考えさせるのもいいかもしれません。 It is national in the true sense of the word.。 著者 新美 南吉 出版日 1998-06-01 まず、わかり合うことのできなかった人間ときつねの話であること、お詫びの気持ちを持って兵十の家へ出向いていたことが共通してどのバージョンでも描かれていることから、ごんが自分の行動へ罪の意識を持ち、兵十へお詫びにいくというのが主題となるでしょう。

⌚。 。

🤩。

2

🐝。 。 。

18

🔥。 。 。

4

🐾。 。

👐。 。 。

2

☎。

16

🤗。 。 。

📱。 。

3

🤩。 。 。

7