ゼネコン 休業。 【暴露】緊急事態宣言で建設現場はどうなるのかを教えます

🤔 大林組のHPに記載がありました! 原則として現場は止めない 作業員を含めた時差出勤や朝礼・休憩の分散で3密対策 緊急事態宣言に保障の記載がなくネットでは批判の声も 緊急事態宣言で問題となってニュースでも連日討論・議論されているのが自粛と保障はセットではないのか?という問題です。 建設現場に関する各社の方針 企業名 感染者発表 対応1 (4月16日以前) 対応2 (4月17日以降) 大手ゼネコン 大林組 有 ・原則として工事は継続(4月8日発表) ・工事の一時中止を発注者と協議(4月15日発表) 発注者と協議する対象地域を国内全域に拡大(4月17日発表) 鹿島建設 有 - 全国の現場について、発注者や協力会社との協議が整ったら5月6日まで閉所(4月17日発表) 清水建設 有 緊急事態宣言の対象地域(7都府県)の現場を、原則緊急事態宣言終了まで閉所(4月13日発表) 「特定警戒都道府県」の作業所を原則閉所。 また、「中断した工事と継続している工事で対応に差が出るため、 安易に補償すれば、後々、大きな問題に発展しかねない」と 補償を躊躇するゼネコンがあるほか、 「元請けからの指示で休業になった場合、元請けとの交渉になるが、 現場単位で個別の交渉になると思う」と推察する専門工事業経営者も多く、 休業補償の費用負担は感染終息後も大きな影を落としそうです。

3

😛なお、4月29日から5月10まで原則工事休止(4月27日発表) 準大手ゼネコン 長谷工コーポレーション 有 現場の3密回避の取り組み強化(4月8日発表) - 戸田建設 有 緊急事態宣言の対象地域の現場を原則閉所(4月15日発表) 対象地域を全国に拡大(4月17日発表) 安藤ハザマ 有 発注者と協議のうえ対応判断(4月9日発表) 4月24日から5月6日まで全国の作業所を原則閉所(4月20日発表) 前田建設工業 有 3密対策の徹底(4月8日発表) 4月25日から5月10日まで、発注者との協議が完了した作業所から順次閉所(4月17日発表) 東急建設 有 緊急事態宣言の対象地域の現場で原則工事中断(4月9日発表) - 西松建設 有 緊急事態宣言の対象地域の現場を発注者と協議のうえ、工事中止・現場閉所(4月8日発表) 発注者と協議のうえ、順次工事中止・現場閉所。 。

3

🤙。 。

6

☯。

☣。 。

✌。 。

19

🤐。

9

😍。 。 。

🖕。 。 。

☝。 。

11

🙃。 。

3