企画 書 書き方。 良い企画書の作り方とは?初心者でも迷わずに書ける「通る」企画書のコツ|広告コラム|名古屋・東京の広告代理店 エムズコーポレーション

👎。 ・C(コンセプト) ・T(ターゲット) ・P(プロセス) ・T(ツール) まずは、C(コンセプト)とT(ターゲット)を設定します。 — Why(なぜ):なぜこのセミナーを開催するのか — What(何を):どのような趣旨のセミナーなのか — Where(どこに):マーケットはどこなのか — When(いつ):いつセミナーを行うのか — Who(誰が):主催・責任者は誰なのか — Whom(誰に対して):ターゲットは誰なのか — How to(どうやって):どのような方法で実施するのか — How much(いくらで):無料セミナー・有料セミナーなのか 下に行けば行くほど、具体的な細かい内容になっていることに気づいたでしょうか? このように、6W2Hを網羅することで、読み手の疑問を解消することができるため、説得力の高い文章ができあがります。

🙃 6.Schedule (スケジュール) 企画の開始日(Scheduled start date)や企画の完了日(Scheduled completion date)を書きます。 【1枚企画書・構成案】 1.タイトル及び企画の概要やコンセプト 2・参加者ターゲット 3.具体的なイベント展開 4.イベント終了後、得られるメリットや想定される効果 スポンサー用に書く場合 スポンサーに向けた企画書を作成する場合は、「協賛するメリット」や「協賛メニュー」について詳しく記載する必要があります。 構成要素 優先度 コメント タイトル A 絶対に必要 ジャンル A 絶対に必要 プラットフォーム A 絶対に必要 ターゲット A 必要 コンセプト A 絶対に必要 名前(所属) A 絶対に必要。

2

💙 【情報ヒアリング】解決したい課題と、どのような市場の動向が営業活動に役立つかのをヒアリングします 【調査概要案作成】ヒアリングした内容から調査概要案を作成し、ターゲットと質問内容をまとめ、調査方法を吟味します 【調査案提出、打ち合わせ】調査案に納得がいくまで、再検討と提出を繰り返します 【調査内容確定】調査案に納得できれば、調査内容を確定します 定量調査を選択した場合には、Web上でターゲットをピックアップし、希望するサンプル数に達するまで調査を続けます。 【表紙(タイトル)】一目見て内容が分かるようなタイトルにします 【まえがき】読み手の興味を引くための、企画の動機を記入します 【背景(データ・裏付け資料)】データや裏付け資料を添付して、企画の背景を解説します 【目的】企画を実行することで期待できる成果や効果を書きます 【コンセプト】企画の全体を貫く基本的な考え方であり、提案する企画が一体どのようなものなのかを伝えます 【企画内容】背景・目的・コンセプトを反映した、提案する企画の内容です 【実施案】具体的な企画の進め方を解説します 【組織図】企画を実施するのに必要な組織やフォーメーションを記載する項目です 【スケジュール】どのような日程で進めていくかを示します 【予算】企画を実行するのに必要な予算を記載します 【想定仮題】企画を実行するために、解決しなくてはならない問題を提示します 【あとがき】プレゼンテーションの時間を用意してくれたお礼や今後も最善を尽くす旨を記入します。 ・いつ(When) ・誰が(Who) ・どこで(Where) ・何を(What) ・なぜ(Why) ・誰に向けて(Whom) ・どうようにして(How) ・いくらで(How Much) 必要の応じて図解やイラスト、写真なども挿入しましょう。

1

🤫 5倍になる 2行 行間の余白がデフォルトの2倍になる 固定値 通常はフォントサイズに合わせて行間が変わるが、固定値を設定しておくとフォントサイズを変更しても設定値の行間になる 最小値 通常はフォントサイズに合わせて行間が変わるが、最小値を設定しておくとフォントサイズを小さくしても設定値以下の行間にはならない 倍数 「段落」のダイアログでは行間を3以下にしか設定できないが、倍数を設定しておくと行間を3以上の数字にも変更できる インデント機能で階層化する 情報の階層ごとにインデントを使い分けることで、資料が見やすくなります。 ・Why 「なぜこの企画を実施する必要があるのか ・What 「事業・サービス・製品は何か」 ・Where 「どの市場に参入するのか」 ・Whom 「どの顧客をターゲットとするのか」 ・When 「いつ実施するのか」 ・Who 「誰が実施するのか」 ・How to 「どんな方法で実施するのか」 ・How much 「いくら投資する・いくらの資金で実施し、収益はどの程度になるのか」 これらに応えられるようにすることで、企画を具体的に落とし込むために必要な情報を整理することができます。

7

💅。 。

9

⚔。 。 。

17