ジョコビッチ 試合。 ジョコビッチのグランドスラムの成績についてまとめてみた!印象的だった試合も紹介?

📞 2015年5月17日 クレー 6-4, 6-3 準優勝 24. 2020年8月29日 ハード 1-6, 6-3, 6-4 優勝 81. 2016年6月6日 クレー 3-6, 6-1, 6-2, 6-4 優勝 66. 2003年6月29日 クレー 6—4, 7—5 優勝 2. 決勝ではフェデラー相手に2度のマッチポイントを握られながらも、大会初となる最終セット12-12後のタイブレークを制し、7-6 5 , 1-6, 7-6 4 , 4-6, 13-12 3 で2度目の同大会2連覇を成し遂げた。 2009年4月19日 クレー 3-6, 6-2, 1-6 準優勝 9. 2017年5月21日 クレー 4-6, 3-6 優勝 68. I シングルス () 6—1, 6—2, 6—3 敗北 41. 特に全仏オープンでは強く、2005年で初出場初優勝して以来、現在まで 13度の 優勝を果たしていて、 2回しか負けていません! そんなナダル選手にジョコビッチ選手は見事勝利を収めました!! 2015年の準々決勝の時にもナダル選手にストレートで勝ちましたが、そのときはナダル選手がけがで不調でした。 でも順調に勝ち上がったが、準決勝でに敗れ、デビスカップ決勝からの連勝は43 歴代2位のにあと1勝、同1位のにあと3勝及ばず 、年初からの連勝は41 歴代1位のにあと1勝及ばず でストップした。

12

🙂 ATP Most Improved Player(2006, 2007) 脚注 [ ] []• 2009年6月14日 芝 3-6, 7-6 7-4 , 1-6 準優勝 11. I シングルス 6—3, 6—4, 6—2 オリンピック全成績 [ ] シングルス [ ] ラウンド 対戦相手 結果 スコア 1R 勝利 6—4, 6—4 2R 勝利 6—4, 6—2 3R 勝利 7—6 7—3 , 6—3 QF 勝利 4—6, 6—1, 6—4 SF 敗北 4—6, 6—1, 4—6 銅メダル決定戦 6—3, 7—6 7—4 ラウンド 対戦相手 結果 スコア 1R 勝利 6—7 7—9 , 6—2, 6—2 2R 勝利 6—2, 6—1 3R 勝利 4—6, 7—5, 6—1 QF 勝利 6—1, 7—5 SF 敗北 5—7, 5—7 銅メダル決定戦 敗北 5—7, 4—6 ラウンド 対戦相手 結果 スコア 1R 敗北 6—7 4—7 , 6—7 2—7 ダブルス [ ] パートナー: ラウンド 対戦相手 結果 スコア 1R 敗北 6—3, 0—6, 2—6 パートナー: ラウンド 対戦相手 結果 スコア 1R () 敗北 6—7 8—10 , 3—6 パートナー: ラウンド 対戦相手 結果 スコア 1R () 勝利 6—2, 6—2 2R 敗北 4—6, 4—6 脚注 [ ]. 2013年11月11日 ハード 室内 6-3, 6-4 優勝 42. 2009年5月3日 クレー 6-7 2-7 , 2-6 優勝 13. 目次 ジョコビッチ選手が試合中に食べているドライフルーツは〇〇だった テニス選手が試合のゲーム間やセット間に 補食を食べる姿はよく見かけますが、 バナナやゼリーが一般的ですよね。

5

🤝 2018年12月29日 ハード ケビン・アンダーソン 4—6, 7—5, 7—5 トップ10選手との対戦成績 [ ]• 2010年 全米準優勝・世界2位に [ ] は準々決勝でに6-7 8 , 7-6 5 , 6-1, 3-6, 1-6で敗れたが、大会終了後の2010年2月1日付のランキングで、初めて「2位」を記録した。

😉 II シングルス () 6—3, 6—2, 7—5 勝利 9. 2004年5月22日 クレー () 6—1, 6—2 優勝 3. 2013年1月5日 , ハード 1—2 準優勝 3. 2018年11月18日 ハード 室内 4-6, 3-6 優勝 73. I シングルス 7—6 7—5 , 6—2, 7—5 勝利 33. 続くでは3回戦でに第3セット0-3の2ブレークダウンに追い込まれながら6ゲーム連取し逆転勝ち、準々決勝では全仏の決勝で敗れたに6-4, 6-1で雪辱を果たす、準決勝ではに4-6, 7-6 5 , 6-2で逆転勝ちし決勝に進出。

20

🙄 2015年4月19日 クレー 7-5, 4-6, 6-3 優勝 53. 2019年11月3日 ハード 室内 6-3, 6-4 優勝 78. 2014年7月6日 芝 6-7 7-9 , 6-4, 7-6 7-4 , 5-7, 6-4 優勝 46. 2009年5月10日 クレー 6-3, 7-6 7-0 準優勝 10. 2003年5月9日 クレー () 6—4, 6—2 優勝 1. 2016年7月31日 ハード 6-3, 7-5 準優勝 28. 第5シードのチチパスはこれに先立つもうひとつの準決勝で、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-3 6-3 4-6 4-6 6-3で倒して初のグランドスラム大会決勝進出を決めていた。 では決勝でに6-7 10 , 5-7, 6-2, 6-3, 2-6の4時間54分の激闘の末敗れ連覇を逃した。 2019年10月6日 ハード 6-3, 6-2 優勝 77. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア 準優勝 1. また グランドスラム4大会連続優勝の ノン・カレンダー・イヤー・グランドスラム Non-calendar Year Glandslam も達成( " Nole Slam. 今回の彼はふたりのキャリア58回目の対戦を3-6 6-3 7-6 4 6-2で制し、ナダルの14回目の全仏優勝と男子歴代トップで並ぶロジャー・フェデラー(スイス)を抜くグランドスラム21勝目を目指す進撃を終わらせた。

9

♥ 2018年8月19日 ハード 6-4, 6-4 優勝 71. 2015年1月3日 ハード アンディ・マリー 棄権 優勝 5. 2007年1月1日 ハード 6-3, 6-7 6-8 , 6-4 準優勝 2. 2011年12月31日 ハード 6—2, 6—1 優勝 2. 準決勝では、世界ランキング1位・第2シードのナダルとの5時間以上に渡る接戦を6-4, 3-6, 7-6 9 , 3-6, 10-8で制し決勝進出。 II シングルス 6—4, 3—6, 2—6, 7—6 7—3 , 6—4 敗北 11. 2014年3月16日 ハード 3-6, 6-3, 7-6 7-3 優勝 43. 2009年11月8日 ハード 室内 6-4, 4-6, 6-2 優勝 16. 2015年2月1日 ハード 7-6 7-5 , 6-7 4-7 , 6-3, 6-0 準優勝 23. 開催地(年) 結果 最終対戦相手 北京(2008年) 3位(銅メダル) ブレーク ロンドン(2012年) 4位(ベスト4) デルポトロ リオデジャネイロ(2016年) 1回戦敗退 デルポトロ 楽天オープン戦績 楽天オープンには、2019年にオリンピック想定の "偵察" で参戦。 I シングルス 7—5, 6—1, 6—4 勝利 37. 世界ランキング [ ] 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 順位 186 78 16 3 3 3 3 1 1 2 1 1 2 12 1 2 4大大会シード [ ] 年 2005 2006 20th 2007 14th 6th 4th 3rd 2008 3rd 3rd 3rd 3rd 2009 3rd 4th 4th 4th 2010 3rd 3rd 3rd 3rd 2011 3rd 2nd 2nd 1st 2012 1st 1st 1st 2nd 2013 1st 1st 1st 1st 2014 2nd 2nd 1st 1st 2015 1st 1st 1st 1st 2016 1st 1st 1st 1st 2017 2nd 2nd 2nd A 2018 14th 20th 12th 6th 2019 1st 1st 1st 1st 2020 2nd NH 1st ダブルス成績 [ ] 大会 2004 2005 2006 2007 2008 通算成績 グランドスラム A A 1R 1R A A A A A A A A A A A 0—2 A A 1R A A A A A A A A A A A A 0—1 A A 2R A A A A A A A A A A A A 1—1 A A 1R A A A A A A A A A A A A 0—1 A A A 1R A A A QF 1R A 1R A A QF A 4—5 A A A A A A A 1R A A A 1R A A 1R 0—3 A A A 1R 2R SF 2R A A A A A A 2R A 6—5 1 A A A A A QF A A A A A A A A A 2—1 A A A A A A A A A A A A A A A 0—0 A A A 2R A 1R 1R 2R A A 2R SF 1R A QF 8—8 A A 1R QF A A A A A A A A A A A 2—2 2 A A 1R A A A 2R A A A A A A A A 1—2 A A A A 1R A A A A A A A 1R A A 0—2 代表戦 A Not Held Not Held Not Held NH 1—3 A A A 3—3 連勝記録 [ ] 通算43連勝 2010年—2011年 [ ] オープン化以降では史上5位である。

🙂 試合時間はなんと 5 時間53分!! 「え!」っと驚くような試合時間と感じたことでしょう! この5時間53分という試合時間は、グランドスラムの決勝戦で 最長試合となっています! しかもこの記録はいまだに破られていません。 記録 [ ] 歴代記録(全期間) [ ] 期間 グランドスラム記録 他記録者 2008 全豪 — 2021 全仏 生涯ダブルグランドスラム 歴代記録(オープン化以降) [ ] 期間 グランドスラム記録 他記録者 2008 全豪 — 2016 全仏 キャリア・グランドスラム達成 他に7人 2015 ウィンブルドン — 2016 全仏 4大会連続優勝 2011—2012, 2015—2016, 2018—2019,2021 3大会連続優勝「4回」 単独記録 2015 全豪 — 2015 全米 1シーズンで全ての4大大会の決勝に出場 2010 全米 — 2013 全米 ハードコート大会の決勝進出連続記録「7回」 単独記録 2007 全仏 — 2008 全豪 4大大会すべての準決勝に進出最年少記録。

3

😭 2012年10月14日 ハード 5-7, 7-6 13-11 , 6-3 優勝 34. で初めて4大大会決勝に進出したが、に6-7 4 , 6-7 2 , 4-6のストレートで敗れて準優勝に終わった。 2010年6月13日 芝 6—7, 6—2, [10—3] その他の決勝進出結果 [ ] 団体戦成績 [ ] 結果 No. 2009年10月11日 ハード 6-2, 7-6 7-4 優勝 15. 2015年7月12日 芝 7-6 7-1 , 6-7 10-12 , 6-4, 6-3 準優勝 25. 「ナダル vs ジョコビッチ」対戦成績 2006年の初対戦から現在まで57回の対戦があり、 ナダル28勝、 ジョコビッチ29勝。

13

🍀 2021年2月21日 ハード 7-5, 6-2, 6-2 ダブルス:2回 1タイトル, 1準優勝 [ ] 大会グレード グランドスラム 0—0 ATPファイナルズ 0—0 ATPツアー・マスターズ1000 0—0 オリンピック 0—0 ATPツアー・500シリーズ 0—0 ATPツアー・250シリーズ 1—1 サーフェス別タイトル ハード 0—1 クレー 0—0 芝 1—0 カーペット 0—0 サーフェス別タイトル 屋外 1—1 室内 0—0 結果 No. 2012年8月19日 ハード 0-6, 6-7 7-9 準優勝 19. では4回戦でに苦戦を強いられたものの6-7, 6-7, 6-1, 6-4, 7-5のフルセットの激闘を制す。 2014年3月3日 () ハード 6—3, 7—6 7—2 準優勝 1. 2011年5月8日 クレー 7-5, 6-4 優勝 25. 2009年11月15日 ハード 室内 6-2, 5-7, 7-6 7-3 優勝 17. 2007年1月7日 ハード 4—6, 6—3, [13—15] 優勝 2. 勝数 大会 開催日 タイプ サーフェス ラウンド 対戦相手 ランク 結果 スコア 2012年10月29日 ハード R32 23 L 6—0, 6—7 4—7 , 4—6 1 2012年11月5日 ハード RR 8 W 7—6 7—4 , 6—3 2 RR 3 W 4—6, 6—3, 7—5 3 RR 6 W 6—2, 7—6 8—6 4 SF 7 W 4—6, 6—3, 6—2 5 F 2 W 7—6 8—6 , 7—5 6 2013年1月28日 クレー R2 127 W 6—3, 6—2, 6—2 7 デビスカップ準々決勝 2013年4月1日 DC ハード R1 23 W 7—6 7—5 , 6—2, 7—5 8 R4 サム・クエリー 20 W 7—5, 6—7 4—7 , 6—1, 6—0 9 デビスカップ準決勝 2013年9月9日 DC クレー R1 41 W 6—2, 6—0, 6—4 10 R4 11 W 7—6 7—1 , 6—2, 6—2 11 2013年10月28日 1000 ハード R32 189 W 7—6 7—3 , 6—3 12 R16 ジョン・イスナー 2 16 W 6—7 5—7 , 6—1, 6—2 13 QF 8 W 6—1, 6—4 14 SF ロジャー・フェデラー 2 6 W 4—6, 6—3, 6—2 15 F 3 W 7—5, 7—5 16 2013年11月4日 TF ハード RR ロジャー・フェデラー 3 7 W 6—4, 6—7 2—7 , 6—2 17 RR フアン・マルティン・デル・ポトロ 2 5 W 6—3, 3—6, 6—3 18 RR 9 W 7—6 7—5 , 4—6, 6—3 19 SF スタニスラス・ワウリンカ 2 8 W 6—3, 6—3 20 F 1 W 6—3, 6—4 21 デビスカップ決勝 2013年11月11日 DC ハード R1 44 W 7—5, 6—1, 6—4 22 R4 トマーシュ・ベルディハ 2 7 W 6—4, 7—6 7—5 , 6—2 23 2014年10月27日 1000 ハード R32 24 W 6—3, 6—4 24 R16 21 W 6—3, 7—6 7—2 25 QF アンディ・マリー 2 8 W 7—5, 6—2 26 SF 7 W 6—2, 6—3 27 F ミロシュ・ラオニッチ 2 10 W 6—2, 6—3 28 2014年11月10日 TF ハード RR 9 W 6—1, 6—1 29 RR スタン・ワウリンカ 3 4 W 6—3, 6—0 30 RR トマーシュ・ベルディハ 3 7 W 6—2, 6—2 31 SF 錦織圭 2 5 W 6—1, 3—6, 6—0 — F ロジャー・フェデラー 4 2 W 不戦勝 32 2015年3月2日 DC ハード R1 () 158 W 6—3, 6—2, 6—4 33 2015年11月2日 1000 ハード R32 40 W 7—5, 6—3 34 R16 15 W 6—3, 7—5 35 QF トマーシュ・ベルディハ 4 5 W 7—6 7—3 , 7—6 10—8 36 SF スタン・ワウリンカ 4 4 W 6—3, 3—6, 6—0 37 F アンディ・マリー 3 3 W 6—2, 6—4 38 2015年11月15日 TF ハード RR 錦織圭 3 8 W 6—1, 6—1 2015年11月15日 TF ハード RR ロジャー・フェデラー 3 L 5—7, 2—6 4大大会で30連勝 2015年—2016年 [ ] 史上4位。 大会決勝 大会 優勝 準優勝 合計 シングルス グランドスラム 18 10 28 年間最終戦 5 2 7 マスターズ1000 1 36 16 52 オリンピック 0 0 0 500シリーズ 14 3 17 250シリーズ 9 4 13 合計 82 35 117 ダブルス グランドスラム — — — 年間最終戦 — — — マスターズ1000 1 — — — オリンピック — — — 500シリーズ — — — 250シリーズ 1 1 2 合計 1 1 2 合計 83 36 119 1 "スーパー9" 1996—1999 , "テニス・マスターズ・カップ" 2000—2003 "ATPマスターズシリーズ" 2004—2008. 2007年8月12日 ハード 7-6 7-2 , 2-6, 7-6 7-2 準優勝 3. 2007年3月18日 ハード 2-6, 5-7 優勝 4. しかし、勝負強いジョコビッチ選手! そこから、 逆転で勝利して決勝に勝ち進み、優勝してしまいました! 勝負強い!すごい! ちなみにジョコビッチ選手は小麦粉に含まれるグルテンアレルギーの改善に努めてパフォーマンスが上がり、この年(2011年)に グランドスラムで 3度優勝しました! もうすごすぎてわけがわからない(笑) まとめ どうでしたか? この記事では、ジョコビッチ選手のグランドスラムの成績について、全豪、全仏、ウィンブルドン、全米の順で見てきました! どれもすごい成績だったと思います! 全豪で9回、全仏で2回、ウィンブルドンで6回、全米で3回の計20回これまでに優勝しています! 今後もグランドスラムでタイトルを獲得することが予想されます。

4